キングダムハーツ 358/2 Days攻略 ストーリー

ストーリー


トワイライトタウン。

いつものように駅の時計塔から夕日を見つめるロクサスとアクセル。

任務の終わりにはいつもこの駅の時計塔で落ち合い、

一緒にアイスを食べながら語り合っていた。

「夕日ってどうして赤いか知ってるか?

光にはいくつか色があって、その中でも赤が一番遠くまで届くからなんだってよ。」

「どうしてアクセルが得意気なんだよ。」

心を持たないはずの彼らが繰り返す、他愛のない会話。

こんな風に毎日を過ごし、 少しずつ機関の一員として馴染み始めたある日、

新しく機関に入ってきた “14番目”の存在──。

「キングダムハーツII」では登場しなかった「14番目」と、

ロクサスのXIII機関時代が遂に語られる。



HOME
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット